たかが頭痛ではありません

うつ病の症状は頭痛が多い|自分を労わろう

慢性的に頭が痛いときは

レディ

うつ病には気分の落ち込みといった症状以外にも、痛みが多く見られます。中でも頭痛は最も多い症状です。慢性的に続く痛みは、脳内のノルアドレナリンの減少が原因であるとされています。規則正しい生活や適度な運動は、痛みを改善する効果があります。しかし我慢できない痛みには抗うつ剤や鎮痛剤をうまく使用しましょう。

もっと詳しく

身体症状の精神的原因

レディ

身体の痛みは身体疾患だけが原因ではなく、うつ病など心の病気が原因となって生じる場合が少なくありません。特に頭痛は精神ストレスと関わりが深く、強いストレスに対する脳と身体の反応がうつ病と頭痛の主な原因です。心療内科・精神科では心理療法を通して頭痛改善のためのヒントを発見し、うつ病治療に役立てています。

Read More

精神疾患と身体の痛み

ウーマン

うつ病では半分以上の患者に頭痛の症状が現れることが分かっており、他の疾患による頭痛と区別するために事前に脳神経外科で検査を受けるようにしましょう。不安や緊張で硬直しがちな筋肉を解したり、減少しがちな脳内物質を調整したりする処方薬がうつ病の頭痛に用いられます。

Read More

心の病と頭の痛みの関係

病院

初期症状かもしれません

ズキズキと痛む、締め付けられるような痛みを感じる、といった頭痛を経験したことはないでしょうか。多くの場合、そのような痛みは一晩寝たり、市販の鎮痛剤を飲んだりすると自然と良くなっていくものですが、中にはいつまでたっても痛みがとれず、常に慢性的な痛みを感じるようになってしまうことがあります。そのような頭痛の症状は、うつ病の初期症状かもしれません。頭痛というのは、くも膜下出血や脳腫瘍などの頭の病気が関係して起こるものと、体に異常はなく健康でも起きてしまうものと二種類存在しています。体に異常がないのに起きてしまう頭痛の原因は、心の病やストレスです。悩みや心配事、トラブルを抱えていたり、大きなストレスを抱え込んでいたりすると、それらの負担が体にまで影響を及ぼし、痛みを感じるようになるのです。そのため慢性的な頭痛は、うつ病の初期症状である可能性が高いのです。うつ病で見られる頭痛と通常の頭痛との違いは、痛みが慢性的であること、体には何も異常が見られないこと、自分自身が大きな悩みやストレスを感じていること、などがあげられます。いつもの痛みと違う、痛みが治まらないと感じたときには、市販の薬は使用せず、病院へ行くことも大切です。もしも何らかの病気であった場合は治療を開始して治すことが出来ますし、心が関係している場合には、メンタルクリニックなどを紹介してくれます。健康な生活を継続して送るために、頭の痛みは放置せず、速やかに何らかの対策をとることが必要なのです。

密接な関係

またうつ病で見られる頭痛の特徴として、頭痛が朝に起こる、ということがあげられます。ある研究では、朝起きたときに頭に痛みを感じる人と感じない人では、心に問題を抱える人の方が、朝に痛みを感じやすいという結果が報告されました。そのようなことからも、朝に頻繁に痛みを感じるという人は注意が必要です。また、頭痛の症状をそのうち治るだろうと放置してしまうと、痛みが続きその痛みが更なるストレスを生み出し、症状を悪化させてしまう可能性もありますので、痛みが長引いていると感じたら、すぐに病院を受診するようにしましょう。うつ病と診断された場合には、多くの場合抗うつ剤を使用して治療を行っていきます。抗うつ剤は、うつ病患者にのみ処方される特殊な薬で、正しく服用することで、頭痛をはじめ、だるさや吐き気などの様々な症状を緩和させる効果をもたらします。ただし、飲む量を勝手に増やしたり、飲み方を間違えたりしてしまうと逆に副作用が現れてしまうことがあるため、医師の説明を良く聞き必ず使用法を守って服用することが大切です。抗うつ剤の服用を続けることで徐々に症状が和らぎ、頭痛からも解放される可能性が高まります。このように、うつ病と頭痛は、とても密接に関係しています。頭痛は誰もが経験したことのあるとても身近な症状なので、心が関係しているということは気づきにくいものです。しかし心と体の健康を維持するためにも、痛みには敏感に反応し少しでも異常を感じた場合は、病院へ行くということを心がけておくようにしましょう。